グレーゾーン金利について詳しく語るコーナー

グレーゾーン金利問題と過払い金返還請求について

グレーゾーン金利問題とは、利息制限法上の上限金利と出資法上の上限金利が異なることから起きる問題です。利息制限法では、借入額に応じて10万円未満なら20%、10万円〜100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と上限金利が定められています。貸金業者がこの利息制限法上の金利を超えた金利を設定した場合違法ですが、出資法の上限金利を超えなければ刑罰に処されることはありません。そのため、多くの貸金業者では利息制限法で設定された上限をはるかに超える出資法上の上限29.2%の金利を設定していました。これがグレーゾーン金利問題です。グレーゾーン金利は違法金利なので、債務者から過払い金返還請求をされればその分の利息は返還しなければなりませんが、無知な債務者も多いため、それでも利益が出たのです。過払い金返還請求の時効は10年なので、現在でも過去のグレーゾーン金利で支払っていた利息をめぐって返還請求や裁判が起きています。貸金業者も経営難なので、あっさり返還請求に応じることは少なく、弁護士を雇ったり裁判までいかなければ全額が戻ってくることは少ないようです。現在では出資法の上限金利が20%まで下がりましたので、グレーゾーン金利問題が起きることは少なくなりました。



グレーゾーン金利の過払い請求はいつまで可能?

かつて上限金利は利息制限法と出資法で規制されていましたが、利息制限法が定める金利20パーセントを超える無効な金利であるにも関わらず、出資法で罰則対象となる29.2パーセント未満ならば罰せられることのない状態が続いていました。この利率の幅がグレーゾーン金利と呼ばれています。なぜいつまでもこのような状況が続いたのかというと、グレーゾーン金利は本来無効だが、債務者が任意に支払った場合は有効というみなし弁済規定があり、それが黙認されてきたことにあります。しかし現在は、法改正により出資法の上限金利が20パーセントに引き下げられ、このグレーゾーン金利は廃止されています。今までに払いすぎた利息は、過払い金返還請求手続きで取り戻すことができます。請求によるデメリットも特にありません。いつまでも借金の返済が終わらない方や、過去に長期の借入れ経験がある方など、ご自身が過払い金返還の対象かどうか司法書士事務所や弁護士事務所に相談してみると良いでしょう。いつまで遡って請求できるかというと、権利の時効が最終取引日から10年となっています。【関連サイト】銀行ローン メリットとデメリットについて



最高裁がグレーゾーン金利を違法とした任意性の取り扱い

グレーゾーン金利の撤廃は最高裁の判例がきっかけとなりました。出資法での貸付を可能としていたみなし弁済規定には利息に充当する旨を意思表示して支払ったものであること、利息制限法を超える利息は無効であることを知り、その上で任意に支払うことなどが要件として盛り込まれています。しかし、最高裁の判例の根拠となったのは会員規約の条文です。契約書面の交付も規定の中に含まれますが、その書面の会員規約には支払いが滞った際に全額の返済も盛り込まれていました。つまり、延滞などの際に全額返済を要求することは任意性といえず、強制的な意味合いも含まれることから認められなかった経緯があります。みなし弁済規定が適用される元で出資法の上限金利での貸付も可能とされていました。貸付は利息制限法が適用されるのが通常ですが、ダブルスタンダードの形で運用されていたのがグレーゾーン金利の存在につながったのです。グレーゾーン金利のグレーの意味合いも無効な金利であるものの、罰則規定のないことから白黒つかない金利からきています。最高裁の判例は以降の法律の改正につながり、金融市場を大きく変える転機となったのです。



グレーゾーン金利の引き直し計算

グレーゾーン金利とは、利息制限法で定められた上限金利は越えているが出資法で定められた上限金利は越えていない金利のことです。利息を決める際に法律が二つあるため、結果としてこのグレーゾーン金利があります。利息制限法ではこれを超える利息契約は無効であるが、超過分を利息として任意に支払った場合は返還を請求できず、利息制限法を超過しても罰則はありません。このためキャッシング会社はこれを超えて利息を取ろうと考えます。出資法の規定により上限金利を超える利息契約をした場合は罰則規定がありますので、出資法ギリギリの金利で営業を行っています。グレーゾーン金利の引き直し計算では、利息制限法に合わせて計算をしなおしますので、低い金利で計算することになり、結果として当然今まで支払ってきたよりも利息は少なくなり、その分を元金に充当できます。そうすることにより過払いといってキャッシング会社にお金を支払いすぎている状態の場合もあります。



グレーゾーン金利の復活の噂があります

グレーゾーン金利とは、2010年の貸金業法の改正以前に存在した、法律的に不明瞭な高金利のことです。当時は貸金業法の上限減を超える金利で契約しても、出資制限法の上限までは特に罰則がなく、違法状態でありながら、個々の契約が結ばれていることを優先して高金利で消費者金融などが高金利の融資を行っていました。しかしこの高金利であるグレーゾーン金利が過剰融資や多重債務の原因になるとして法改正が行われ、現在は明快に違法であるとされています。しかし最近このグレーゾーン金利の復活がしばしば噂されています。ひとつには金利の上限が引き下げられたことにより、貸付の審査が厳しくなり借り入れが難しくなっている人が多くなって、資金不足が大きな問題になっているからです。この為に国会に改正法案を出そうとする動きがあり、ひょっとすると今が復活寸前なのかもしれません。現在はミニバブルな状況でもあるので、案外グレーゾーン金利が復活するかもしれません。現在の上限金利は世界的に見てもかなり低いので可能性はあります。